はじめての風俗バイトならメンズエステが最高だと私が思う理由

はじめての風俗バイトならメンズエステが最高だと私が思う理由

\私が風俗を始めたのは大学1年の頃。人並みにアルバイトもしていたし実家からの仕送りもあり、金銭面で日常生活には困っていませんでした。

ですが大学の友達と旅行に行くようになったり、海外に行きたいという願望ができたり、私にとって毎月のバイト代と月3万の仕送りでは足りない時期が来てしまいました。

そんな時、「高収入 仕事」で検索するうちに風俗にたどり着きました。それまでは風俗なんて考えもしなかったけど、調べ始めたらそこまで嫌な世界ってわけでもなさそうに見えました。そんな中で一番目に留まったのが「メンズエステ」。

風俗といってもソフトなサービスを売りにしていて、男性のお客さんにマッサージをするというもの。これなら私にもできるかもしれないと思い、メールしてみました。

メンズエステを始めてよかったこと

面接をして、体験入店も同日に行いました。(この流れは一般的みたいです)

風俗は初めてなんですと伝えたら、お店のサービス内容やオプション、給料のことなどとても詳しく教えてくれました。マッサージも店長自ら教えてくださって、「実際にこの後お客さんにやってもらうわけだけど…」と臨場感たっぷりに講習してくれたのを覚えています。(笑)

さて、こうして私のメンズエステ生活が始まったわけですが、私がメンズエステをやってよかったと思うことを3つお伝えします。

・「脱がない・舐めない・舐められない」は本当
最近メンズエステの求人を見ているとこの3ナイと呼ばれる謳い文句が書かれています。風俗なのに脱がないの?舐めなくていいの?と不安に思うかもしれませんが、メンズエステならこれは本当です。

勿論オプションとしてセミヌードやオールヌード、少しハードなお店ならフェラもあるかもしれません。ですがやりたくなければオプションNGにすれば良いんです。

(今時これを認めないお店は、たぶん女の子が集まらなくて成り立たないでしょう)

オプションをNGにしても、服を着たままでマッサージして、お客様を癒すことができれば満足してもらえます。3ナイは自分次第で事実ですし、それでも稼げるのがメンズエステの良いところです。

・待機時間に勉強もできる
私は大学時代にメンズエステで働いたので、勉強との両立も大変でした。ですが風俗の仕事は基本的に待ち時間が存在します。勿論ひっきりなしに予約が入るなら待ち時間なんてないのですが、そんなに電話が鳴り続けるような人気店も多くはないと思います。
待ち時間は基本的に何をしても自由です。私の働いていたメンズエステは個室待機だったので、自分の部屋で思う存分勉強をしていました。バイトに行ってお金が稼げて勉強時間も確保できる。こんな都合のいいバイトはなかなかありません。

・給与が目に見えて増えていく
当たり前ですが普通のバイトより圧倒的に稼ぎがいいです。そしてなんといっても日払いなんです!毎日出勤すれば毎日お金を持って帰れるんですよ。これだけでテンション上がるし頑張れます。また、今月はちょっと頑張りたいからオプションOKにします!という風に調整もできます。オプションがとれたら基本給にオプション代がプラスされ、さらに稼ぎが良くなります。頑張れば頑張った分だけ、お給料に反映されるんです。最高のモチベーションになります。

以上が、私がメンズエステを始めてよかったことです。

普通の風俗(デリヘルやソープなど)って性病が怖いんですよね。

メンズエステなら性病にかからない範囲のことだけでいいんです。風俗やるならメンズエステ。風俗を始めようと思っている女性全員にお伝えしたいです。

エッチなことに興味を持っていた私は、ピンサロの風俗店に行ってみた

エッチなことに興味を持っていた私は、ピンサロの風俗店に行ってみた

ピンサロに行きドアを開けると、男性が来て指名はあるか聞かれ、好みの女性がいたら、写真から指名が出来るようになっていましたので、私は指名をしてお金を支払ってソファー席に通されたのです。

しばらく待つと下着姿の可愛い風俗嬢が来て、私の隣に座り体を密着してきたのです。風俗嬢の女の子から手を握られたりアソコを触られたりしていると勃起してきて、元気にさせられてしまったのです。

私は我慢出来ずに女の子の肩を寄せておっぱいを揉んだり乳首を触ったり、アソコをパンツの上から触ったりしてキスをしたら、女の子がズボンを脱がせてくれて女の子自身も裸になったのです。まっ裸になることは知らなかったので、始めて女の子のアソコを見た時にはドキッとしてしまったのです。

風俗嬢は生理なのかタンポンのひもがあそこから出ているのがわかったのです。私は耳元で生理中ですかと聞いたら、そうですと言ったので、大丈夫ですかといったら、優しくしてくだされば大丈夫です。

と言ったので、優しくしてあげたのです。ピンサロは男性のチンポを舐めて射精させてあげるサービズでしたので、それ以上のことは禁止されているのです。

私の勃起したチンポをおしぼりにアルコールを吹きかけて、拭いてもらうのですが、勃起していない時にもサービスを利用したことがありありますが、おしほりを使われることで、小さなチンポも一気に勃起してしまったことがあります。

綺麗に拭いたら、キスからスタートして、下の方に行きチンポをしゃぶってもらったのです。始めて行った時にしゃぶられた時は、とても気持ちよさを感じました。

シックスナインになって私は女の子のまんこを舐めて女の子はチンポを舐めてお互いに気持ちよくなっている時、私は女の子の口の中に出してしまったのです。

私が行ったピンサロでは、ごっくんはしてくれなかったですが、ティッシュの上に精子を出す所がとてもいやらしく感じました。

風俗嬢でテクニックが違い、いろいろ行きましたがサービスに満足

ピンサロには、複数の女の子がいるのですが、みんな同じテクニックを持っているのではなく、独自に持っているテクニックで気持ちよくさせてもらうことが出来ますので大変満足出来ます。

ピンサロは他の風俗と比較すると料金も安いので、男性の学生の方が多く利用しています。ピンサロにいる女の子も若めの子が多いので、ぴちぴちの女の子にフェラしたり手マンをしたり、まんこを生で見れるので幸せを感じます。

まんこに指入れをする時爪を切らないと、傷をつけてしまうので、女の子から中に入れないでと言われることがありますので、その要望は必ず守ることが大事です。

私が経験したことで注意してもらいたいのは、爪を切ってから行くと、痛く感じることもなくなるので、気持ちよくなってくれることが出来ます。

濡れて安い女の子は、乳首をくりくりしただけで濡れてしまうこともあるので、女性に感じる所を聞いて、そこを重点的に攻めるとお互いに気持ちよくなることが出来ます。

生理中でもお金を稼ぐために、出勤をしている子もいますが、そういった女の子はお客さんを見てパンツを脱ぐか決めている女の子も多いので、無理やり脱がすことは避けた方がいいです。

私の時には生理中でもパンツを脱いでサービスをしてくれましたので、優しくまんこをクンニしてあげたりしてあげたのです。

風俗嬢で働く女の子はエッチな子が多くいろいろなテクニックを覚えてお客さんにしてあげているので、私はいろんな女の子にしてもらって一番気持ちいと感じた子がいれば、その子を指名することを決めています。

私はピンサロに行った時、キスをされて舌を入れられてる時にイってしまったことがあります。

一回のサービスをしてくれる時間もフェラなどしてもらっていると、時間が経つのが早いので、遅漏の方は時間内に射精出来るようにオナニーはし過ぎないほうがいいです。風俗嬢にフェラをしてもイかないと満足できないのでストレスが溜ってしまいます。

初めての風俗「高級ソープ店」で働き、月収100万円が稼げた

初めての風俗「高級ソープ店」で働き、月収100万円が稼げた

私は、お酒が好きな女性23歳であり男にルーズで失敗した事があります。

半年前までOLとして働いていた私は、400万円ほどの借金がありました。原因は、「お酒」と「彼氏」になり派手に遊んで苦労したものです。

まず、私は、毎日飲むほどお酒が好きで一晩でボーナス50万円を使った事もあります。また、バーで知り合った男性と交際をしてお金を貸して損をした事も。

「ちょっと買いたいモノあるから20万円貸してくれないか?」と、彼氏から言われるまま貸す事になりました。こんな風に、彼氏は定期的に私にお金を借りて返済する事はありません。「彼氏のため」と思い、消費者金融でお金を借りるようになります。

積み重なった借金は、400万円になり気づいたら貯金もなくなり友人からの勧めで彼氏と別れる事になったものです。OL時代の給料は安く、一人暮らしの私にとって物足りないの一言です。

借金と将来の事を考えると、不安で結婚も出来ないイメージも膨らみます。そんな時、スマホを見ていると、ある情報が目に飛び込んできます。

「日給4万円」「初めてでも安心」「1ヵ月で100万円可能」など、私にとって魅力的な内容が並んでいるようです。

その仕事は、「ソープランド」になり体を使って男性にサービスを行う風俗になります。

選んだ店は高級ソープ店

ソープランドは、性に興味がある女性なら大体知っている職業です。私の知っている人が働いていて、話を聞いた事もあります。

しかし、職業的に、胸を張れる仕事ではなく如何わしさが頭を過ります。「給料は魅力だけど、世間体や家族にバレるのもつらい」と、少し考えた私。

でも、400万円の借金を少しずつ返すより短期間で終わらせたい気持ちが強くあります。1日悩んだ結果、私は、「一丁ソープランドで働いてみるか」と、思い切った決断をしたものです。

ある地方のソープランド情報をネットで検索をしてみると、数十件の店が存在します。店にもいろいろあり、1軒につき平均30人ぐらいの女性が働いているようです。

ソープで働くには、それなりに理由もあるはずです。私のような借金を返済するために、飛び込んだ人もいると言えます。

私は、何故か高額な料金が必要な1軒の「高級ソープ店」に惹かれていきます。サイトを見ると、この店は2時間のプレイが「7万円」になりかなりの高額料金です。

これだけの金額となると、来店する男性は高収入を得ている人になります。

また、働いている女性を見ると、容姿が良くスタイルが整った美女が多いようです。私は、身長が165センチありモテた経験やスタイルには自信があります。

「この高級ソープ店に、1度面接に行ってみるか」と、電話をする事にしました。

初月で100万円稼ぐ

私は、高級ソープ店に「あのー、そこの店で働いてみたいと思っているのですが。経験も全くないですが」と、伝えます。

すると、店の店長らしき人物が「はい。未経験者歓迎ですよ。一度、履歴書を持って面接に来てください」と、やさしく話をしてくれました。

次の日、私は、言われた時間に履歴書を持って面接へ行ったものです。店へ入って挨拶をすると、店長が出てきて奥の部屋へ。ソファーに座ると、店長は履歴書をチェックした後、当店で働きたい理由を聞いてきました。

「あのー、借金が数百万円あるのでそれを返すために働きたいです」と、伝えると「分かりました。採用しましょう。明日来て下さい」と、私を働かせてくれるようです。

私は、次の日の夜店に行くと、店長と在籍している女性からソープの指導を受ける事になります。ソープランドの仕事内容は、男性の体を女性が体を使って洗い、性サービスも交えて気持ち良くさせるのが基本です。

いわゆる風呂場で、アダルトなエッチを行う流れになります。指導は、3日間行われて「接客マナー」から「浴場での流れ」や「サービス方法」を教えてもらった私は、後日から働く事になったものです。

OLとして働いていた会社に退社の電話を伝え、高級ソープ嬢として新たな仕事へ。

ソープで働き出した私は、最初の1週間は緊張と恥ずかしさがありました。しかし、1ヵ月経った頃には慣れてお客との会話も楽しくなりソープの仕事にやりがいが出てきます。男性からの指名も増えていき、頑張れる職業になっていきます。

月給制にして初めて貰う給料日、封筒を見ると中には「100万円」のお札が入っていました。OL時代の5倍の給料に、すごく驚いた私。

数か月後には、400万円の借金も完済出来て今ではソープの仕事が好きになっています。

最初の勇気さえでればあとは簡単!気軽にたくさん稼げる夢の風俗業です!

最初の勇気さえでればあとは簡単!気軽にたくさん稼げる夢の風俗業です!

20歳頃のことです。私の家は裕福ではなく、国立大学の寮に入っていたのですが、仕送りがなくアルバイトだけでは学業との両立が難しくなりデリバリーヘルスのアルバイトを卒業までしていました。

稼げる仕事といえばキャバクラか風俗が挙げられますが、実はデリヘルの仕事をする前にキャバクラでも働いてみたのです。しかし性格的に向いてなかったのか出勤するのが苦痛になってしまい1ヶ月で辞めてしまいました。それで勇気を出して風俗の世界に飛び込んだのです。

繁華街で配っていた風俗の求人広告の雑誌をもらい、その中から自分にもなんとなくできそうなデリバリーヘルスのお店に恐る恐る電話してみました。
すぐに電話に出たのは漢字の良さそうな男性の声で、思ったより優しそうでほっと胸をなでおろしましたのです。

体験入店の時はとても緊張しましたが、お店の店長さんはその道のプロです。私が不快にならないように指導していただけました。

性的な経験があるとはいえ、プロの世界に自分が通用するのかと不安でいっぱいでした。そんな心配をよそに、すぐにお客様がついて初仕事です。本当に緊張しました。でもお店側の配慮なのか、偶然なのか、とてもいいお客様につくことができ無事に初日を終えることができました。

そうしていただいたお給料は確か2万4千円でした。コンビニや飲食店でバイトしたら何日も長時間働かないと手にすることができない金額です。もう本当にありがたかったのを覚えています。

風俗業界ならでは!この仕事の良いところ3つ!!

この仕事は普通の仕事とは違います。そのかわり良いところもたくさんありました。

まず、給与面です。これについては圧倒的でした。

忙しい日は1日に何本もお仕事をこなすことも多く、金曜と土曜の2日間で10万円を稼ぐこともよくありました。なので平日はバイトせずに学業に専念できました。寝不足になることもなく朝から夕方まで大学に通い、夜はぐっずりと寝ることができたのです。

2つ目は時間の融通がきくことです。自分の出勤時間を自由に決めることができたので、あいた時間に効率よくお金を稼ぐことができます。これはこの業界の本当に良いところだと思います。

あと最後に経験者として言えるのは、わずらわしい人間関係がほとんどないことです。ほとんどどんな仕事にもつきまとう人間関係。仕事が好きでも上司や同僚と合わなければ楽しく仕事を続けることは難しいです。

その点この業界はお客様と一対一なのですごく気楽です。

どうしても性格が合わないと自分が思うお客様がいたとしても、大体そんな場合は相手もそう思っているので、今後指名される可能性は低いです。

結果、気の合う常連さんか初めて会うお客様とばかり仕事をすることになるので人間関係で悩むことが全然なかったです。

送迎のドライバーさんは男性ですが、お店の教育がしっかりしているので無駄に話しかけてくることもなく事務的でしたし、待機室にいる同僚の女の子たちもキャバクラとは違い程よい距離感で和気藹々としていました。

目の前のお客様を取り合う仕事ではないのでライバル、というより仕事仲間という意識の方が強かった気がします。

そんな風俗業界に入ったおかげで、今までの苦労はなんだったのかというくらいお金を稼ぐことができました。今まで我慢して買えなかったお洋服や化粧品も自由に買えるようになりましたし、憧れだったエステも脱毛もできました。

自分の身の回りにやっとお金をかけることができるようになって、友人たちからも綺麗になったと褒めてもらえることも多かったです。

当時は月に10日ほどの出勤で30万円は少なくても稼いでいました。無理なく楽しくお金をたくさん稼ぐことができ、無事単位も落とさずに大学を卒業することができました。本当にありがたかったです。

そして社会人になった今でもたまにお小遣い稼ぎにこの業界でバイトしています。手軽に稼げてほんとうにありがたいです。